馬喰町バンド

馬喰町バンド photo by Yasuhide OGAWAphoto by MINAMI ASAMI

織田 洋介:唄、ベース / 武 徹太郎:唄、六線(自作楽器) 、ギター

「ゼロから始める民俗音楽」をコンセプトに掲げて武の呼びかけで活動開始。

バンド形式でありながら古今東西のあらゆる芸術表現にルーツを求め、楽器開発から映像表現まで自ら実践するスタイルで活動の場を拡げている。

最新アルバム「メテオ」では、タケテツタロウ・織田洋介に、唄・どうめんさきこ、尺八・三井闌山、ドラム・服部正嗣をサポートに加え、以降さまざまな音楽家の力を借りながら各地のイベントやフェスを席巻中。

近年は映画、テレビやエレ片コント「新コントの人」など映像・ステージへの楽曲提供も多く、2018年からはNHK Eテレ「シャキーン!」の新コーナー「まつりばなし」で、アニメーター稲葉まりとともに企画・取材・映像・音楽まで全て手がけている。

最新アルバム「メテオ」NHK Eテレシャキーン「終わる瞬間」
参加ミュージシャン

  • 尺八:三井闌山
  • ドラム:服部正嗣
  • 唄・コーラス:どうめんさきこ
  • original srtings "ROKUSEN" / guitar / voice : Tetsutaro Take
  • bass / voice : Yosuke Oda

"Folk music from scratch". With this concept, Bakurocho band was formed by Tetsutaro Take in Tokyo. The band is continuously researching various kind of art forms all over the world and trying to reconstruct them in a unique way to move people. Not just composing and performing music, Bakurocho band also produces videos, theaters and even original musical instruments as well. The latest full album "Meteor" was recorded with various instruments including Shakuhachi flute, handmade gamelan style metallophone, handmade fletless guitar and a taiko drum with talented musicians. Recent project "Matsuri-banashi", an animation project for the TV program on NHK Educational is also well know.

contact : mail@bakurochoband.com